翻訳

2016年5月26日木曜日

Logo できました

ロゴが完成しました


図面

店舗工事のスケジュールも、着々と進めております。
図面を見ながら実測してると
 
うどん屋 「あれっ ほとんど厨房だけになりますね。 んっ! もしかして2席ぐらいに...」

業者さん 「ちょっ ちょっと待ってください...」

       「あっ 図面の数字間違ってました」

うどんを提供したいのか、はたまた ただ うどんを作りたいだけなのか、限られたスペースでの店舗設計は真剣であるがゆえに混乱し、目的がなんなのかさえも忘れてしまいそうな空気を匂わせつつ続いていきます...








2016年5月19日木曜日

製麺室

自分なりの解釈で言いますと、ここが いわば心臓部もしくは中心、複雑にいえば麺を作る場所、あるいは瞑想空間、逆にいえば休憩所...
に、なるであろうと予定しているスペースです。

麺をつくる過程で、温度管理は麺の出来ばえを左右する重要な要素となりますので、それなりの場所が確保できて、ひと安心といったところです。





2016年5月18日水曜日

配置図面ができました

作業効率が上がる器機の配置と、お客様に心地よく飲食していただける空間づくりを最優先で考えています。細かな点は明日の打ち合わせで調整することにしよう...


烏冬面店的Logo

今天想了想類似烏冬面店的Logo,像這樣的東西應該含有店主的心思在裡面吧。猛然間想設計的時候,想法又有點模糊了


#大分うどん
#大分ランチ
#うどん専門めだか

2016年5月17日火曜日

なんか緊張する...

iOS 9.3.2リリースされてる、いつも更新するとき緊張してます。べつに壊れるわけでもないのに...
とりあえずアップデートしてみた、いつものことだが何が変わったのかさっぱりわからない。
でも、これもまたいつものことだけど、更新して「あっ よかった、前と同じように動く」てことだけで安心している...



今日は、うどん屋のロゴのようなものも考えようと思っている、こういうのもお店に対するオーナーの思い入れというものがあるのだろうが、いざ書いたりしてみると「思い入れ」てのが、なんのことなのかよくわからなくなってくるのも確かだ...


#大分うどん
#大分ランチ

#うどん専門めだか

2016年5月16日月曜日

うどん屋のメニューを考えてみる

お店のターゲットとなる、お客様の層を熟慮して考えていくのが一般的だと思うのだが、足を運んでくださるお客様がどのような層になるのかが、皆目見当がつかない... だとすれば逆に「こんなお客様に足を運んでいただきたい」という考えで、お店がお客様の層を絞ったメニューにすればどうなのか... しかし、それではそれ以外の多くのお客様に来ていただけない...ならば多くのお客様に喜んでいただけるようたくさん揃えておけばいいのではないか... でもそうすると個性が出ないしオペレーションの問題も出てくる。

ひとりで考えてても、結局わけがわからなくなるだけなので「ニワちゃん」にも聞いてみた、するといつになく真剣な表情で語ってくれた

「木札に、素うどん・わかめ・きつねって書いとくのが一番渋いス」
           ↓




メニューを考えるのも楽しくもあり、大変なことでもあるのだが
ほとんどアメリカからのアクセスしかないこのブログ...
書いてる意味があるのだろうか...

#大分うどん
#大分ランチ
#うどん専門めだか





2016年5月15日日曜日

うどん店の立地を考える

うどん屋を開業しようと思い立った時に、最初に考えることだろうと思います
「どこで開業するの???」

どこの国?どこの県?どこの街?どこどこどこと考えているうちに、わけがわからなくなります。車の通行量の多いロードサイドがいいのではないかとか、いや歩行者が多い駅周辺のほうが...いや本当に美味しければどんな山奥でも...等々考えればきりがないことばかりなんですが。結局のところ資金面を考慮すると、開業できる場所はほとんど限定されてきますし、いざ店舗を探すとなると
「無い」・「あるわけがない」と言われることばかり

それでもなんとか探さなければスタートできない
あれこれ考えるより、多くの大企業がさんざんリサーチして出店してる場所周辺が、いいに決まってるとシンプルに考えることにした。

#大分うどん
#大分ランチ
#うどん専門めだか



2016年5月12日木曜日

とにかく悩ましい...

うどん屋は(麺)をどれだけ美味しく作れるかということが重要で、どんな小麦粉を使うかが大きな問題となるわけなんですが、何百種類もある粉の中から選定するのは大変な作業です。評判のいいお店と同じ粉を使ったとしても、麺を打つ段階でのレシピやプロセスが違えば全く違う麺ができあがるから意味がないわけで...
と色々と悩んでますが、先日これは見事な粉だというものに出合い、作って食べてみたら(今までで一番旨い)と勝手に納得してたりしてますが、お客様がそう思うかどうかはまた別問題でこれまたややこしい...



粉を考えるのも難しい...
それはまだいいとして、この店舗 席数とれるのか???
まったく悩ましいことだらけだ...


#大分うどん
#大分ランチ
#うどん専門めだか