翻訳

2016年8月2日火曜日

トライアングルキャリーの代わりに...

ホームセンターで620円の檜のスノコと91円のキャスターを4個買ってきてキャリーを作ってみた




うどん屋は大量の塩水を作って寝かせてます、そしてそれを毎日毎日汲んで使ったり、重たい粉を運んだりと大変なので、ゴロゴロと転がるキャスター付きの台があると便利なのです。
25kgの物を2つ積んでゴロゴロさしてもスムーズに動きました。

ちゃんとした本気のトライアングルキャリーなどですと1万円以上するらしいので、このテキトーな手作りキャリーは安上がりだな~と思ってたら...
なんと100均に完成品があるらしい(確認はしてませんが)

恐るべし100均 なんとなく、失敗したような気がしてます...