翻訳

2017年2月23日木曜日

うどんと向き合う人...

昨日のことなんですけど、法心寺 の副住職さんで

現在、cafe & music LEAP にて写真の個展を好評開催中の

智浩ちゃん 44mag76 が、うどんを食べにきてくれました。

この方、だいたい いつもそうなんですが「もう麺がなくなる」という寸前に

フラ~~ っと、お見えになられます
(お店が閉まってる時も3回ほど来られてるそうなんですが...)

「肉うどんにイソベ揚げ、できますか」と、ご注文され

ご注文のうどんをお持ちすると

これまた いつものことですが、真剣な表情で

すかさず こんな体勢になられます...



                ・・・

                うどんを 食べたいのか??...



                撮りたいのか??...



                撮りたいのか?...



                食べたいのか?...



説明するまでもなく

被写体は(オッサンが作った ただの うどん...)なんですが

声さえかけづらいオーラを放ちながら... ガチで向き合ってる姿を見てますと

「カッコイイなあ」て思うわけです。

智浩ちゃん、いつもありがとうございます!!





当店にお越しくださるお客様は、この方のように

人間として興味をそそられる方が多いような気がしております。

2017年2月17日金曜日

ほんの数人しか存在を知らない...うどん屋

今日も、いつもお越しいただいている大分市若草商店街縁起横町の皆さんと、お近くにお

勤めの常連のお客様がたにご来店いただいて終えた1日でした。

はじめてご来店されるお客様は、めったにいらっしゃらないので

お店にずっといる私のほうから見ていますと

なんとなく、会社の社員食堂かどこかの劇団の楽屋のような雰囲気なのです。

そんな中、当ブログでおなじみのcafe & music LEAP のニワちゃん親子も

来てくださいました。いつも、ほのぼのとして いい感じなのです...







このブログをご覧になっているアメリカや海外の方々は、このうどん屋はニワちゃん親子

しか来ないみたいだが大丈夫か??...と、思ってらっしゃるかもしれませんが

(当ブログのアクセス順位)↓↓↓

































ある常連の男性のお客様は、だいたいいつも決まった時間にお見えになられ

「この うどん屋、いつもオレしかおらんな...」

と、ボソッと真顔で言われ 

こらえきれず 噴き出したこともありましたが...

まあ、お客様側から見れば そんな感じなのかもしれません

いつもお越しくださっている、縁起横町の方々や他のお客様もご紹介したいのですが

なかなかタイミングが合わずできていない現状ですが、これからお声をかけさせていただ

こうと思っております。


そういえば、ガレットの本場、フランス ブルターニュ地方のガレットを提供してくれる

お店 Bon'app ボナップ のオーナー、マチュー親子も先日きてくださいました。
























いつものことですが、これといって、あまり書くこともないので

この辺で失礼します。

本日お越しくださいました全てのお客様の皆様、誠にありがとうございました!