翻訳

2017年2月23日木曜日

うどんと向き合う人...

昨日のことなんですけど、法心寺 の副住職さんで

現在、cafe & music LEAP にて写真の個展を好評開催中の

智浩ちゃん 44mag76 が、うどんを食べにきてくれました。

この方、だいたい いつもそうなんですが「もう麺がなくなる」という寸前に

フラ~~ っと、お見えになられます
(お店が閉まってる時も3回ほど来られてるそうなんですが...)

「肉うどんにイソベ揚げ、できますか」と、ご注文され

ご注文のうどんをお持ちすると

これまた いつものことですが、真剣な表情で

すかさず こんな体勢になられます...



                ・・・

                うどんを 食べたいのか??...



                撮りたいのか??...



                撮りたいのか?...



                食べたいのか?...



説明するまでもなく

被写体は(オッサンが作った ただの うどん...)なんですが

声さえかけづらいオーラを放ちながら... ガチで向き合ってる姿を見てますと

「カッコイイなあ」て思うわけです。

智浩ちゃん、いつもありがとうございます!!





当店にお越しくださるお客様は、この方のように

人間として興味をそそられる方が多いような気がしております。